適度に「油の摂取」も考えていったほうが美肌作りにつながることが分かった

よくある美容の常識として、「スキンコンディションを良くするためには、油物は控えめに!」なんて説がありますよね。

脂っこい物を食べ過ぎてしまうと、体重が増えるわ、胃腸トラブルも増えるわ(ニキビが出来やすくなります)、でマイナスしかない・・・的な美容ネタについては、よく言われている事ですよね。

ですが、逆のケースもあるのです。

わたしが、実際に聞いた体験談では、ある人が健康のために毎日のごはんで、脂質制限をしたところ、次第に皮フがゴワゴワしてくるようになってしまったそうです。

先ほど、一人から聞いたような書き方をしましたが、そういった女性が私の周囲に数人おります。

脂肪を落とすため、健康維持の為(血液の健康も合わせて)、と普段の食生活で脂質制限をする女性が大勢おられるようですが、ここは程よくやった方が良さそうですね。

ダイエットは、様々な形で流行をみせますが、美肌作りも大切なので、「ダイエット」もいいですが、適度に「油の摂取」も考えていったほうが良いことがわかりました。

何をするにも度が過ぎないようにしないとね。

 

中からキレイにすることの大切さを実感!食事が美容に与える影響力

以前からストレスとか疲労が顏にでてしまい、お肌も荒れやすいわたし。

サプリメントを摂ったりしたけど目に見えるような効果はない。

三十歳になりやっとわかったことが、中からキレイにするということ。

やはり食事というのはすごい影響がある。

「まずはバランス良く食べる事が何よりも大切だな」と思い心がけるようにしています。

それに基本的なスキンケアを怠らない事。

価格が高いものとかいろんな物でケアする事がサボらないという意味ではなく、私自身のやり方は「いつもサボらないこと」。

疲れて早く寝たくてもきっちりとやる。

高価なものでなくても、自分自身の肌に合った安価な物をたっぷりと使う事。

この様にするようになってお肌の調子も良いし肌が荒れにくくなったように感じます。

お肌が乾燥する秋~春は、ローションをとにかくしっかり使って染み込ませる。

これでメイクノリが良くなり、メイクもちも良くなります。

メイクの時も化粧下地に乳液を混ぜればキレイにメイクがのって化粧崩れしにくくなるのです。

基本的なことをしっかりとやる。

それが王道の美容法!と改めて気づきました。

 

食生活と睡眠時間を改善したら肌の調子が変わってきた

最近大変美容に関心を持つようになりいろいろと気にし始めました!

ネットなどで調べてみたなかで私が引っかかった事は、第一に食生活です。

基本的に和食に変え肉料理を減らしたら吹き出物が出来にくくなった気がします!

それとお通じも良くなってきました。

それから、おやつはスナック菓子は避け、ドライフルーツに変えたのです。

それとアーモンドなどのナッツを頂くようになったのですが、スナック菓子をやめたお陰か、体重が減ったのです。

うれしい!

つぎに気になる事は早寝早起きの生活をする事です。

以前は夜遅くまでテレビを見ていたり、深夜12時を超えてからお布団に入る事が多々あったのですが、お肌の時間と言われている22時から2時までは眠りにつくようにしています。

そして朝起きる時間も七時までには起きるようにしたのです。

そうすると、ちょっとずつお肌の調子も変わってきました。

「毎日きちんと生活するだけでここまで違ってくるんだ!」とビックリしました。

ですが、深夜のテレビ番組は見逃がしたくないので録画機能をフル活用です!

何気なくすごく些細なことでしたが、常にやる事が重要なのだと思いました。

 

リーズナブルで構わない!化粧品をたっぷり使ってしっかり保湿

次第に日焼けを気にする季節が近づいてきました。

肌が日焼けするのを防ぐために紫外線をカットする長手袋をしたりぼうしを被ったりするひとも目にするようになってきたと思います。

いうまでもなく紫外線に長時間当たってしまうと肌質にもよりますが、シミやソバカスのできる原因になりますよね。

日焼け止めを塗ることももちろん大切ですが、これで大丈夫だとは言えないのです。

その後のケアが重要なんです。

日差しを浴びて火照ってしまった肌を冷まして鎮まるように、自分は保湿することを心掛けています。

リーズナブルで構わないので、ローションやクリームを何でもたっぷりと塗ることを心がけています。

うちの祖母は一回もUVカットクリームをぬったことがありませんし、お肌のお手入れも念入りにしているというわけでもないです。

だけど70歳過ぎてもシミとかそばかすが全くと言っていいほどないんです。

すごくスベスベの肌をしています。

何よりもしっかりと保湿だけはするみたいで、高価な化粧品やクリームじゃないけど結構多めに丁寧に塗り重ねています。

それだけが良いのかは分かりませんが、できればおばあちゃんみたいになりたいので、わたしは常に保湿する事だけは入念にすることを心掛けています。

 

美容化粧水を「手」に使い始めて効果を実感

手元って案外と目を引くパーツですよね。

ワタシは昔から手がおばあちゃんみたいでストレスになっていました。

手や指のきれいな方を見るたびに「私もこんな手だったらなぁ」なんて・・・。

実際頻繁に専用のクリームも塗布しているし、そのクリームも良いと言われるものを試してきたつもりです。

なのに変化なし!ですが、先日思い付いたんです!

「顔面には保湿ローションを塗布してから美容クリーム等を塗っているけど、手元にはクリームしかつけていない。これってひょっとして水分不足なのかも!」

タイミング的に最適なモイスチュアローションに出合ったところだったので、その美容化粧水を「手」にも与えること事にしました。

顔面に使ったあとの余り物を伸ばすのではなく、手先のためにモイスチュアローションを利用するのです。

実行してみたら、なんとなくローションがすぐに浸透していく感じがあって喜びのあまり、もう一回つけたりしています。

その後、最終的に薬用ハンドクリームで仕上げます。

まだ始めて一ヶ月あまりですが、効果を実感しています!

「こんな単純な事にどうしてすぐピンとこなかったんだろう」と笑ってしまいます。

手軽にやれることなので、これからも朝晩の美肌術の習慣にしていこうと思っています。

 

些細な汚れも見逃さないといった完璧すぎる洗顔をすると肌がカサカサになる

洗顔をしすぎないように気を配っていますよ。

洗顔をしすぎると肌が硬くなります。

肌というものは汚れといったものを中に取り入れないので神経質なくらいに洗顔しなくてもいいんですよね。

今まで誤った洗顔の仕方をしていて気がつきました。

明らかに顔に汚れが付いていたりメイクが落としきれていないというのは良くありませんが、些細な汚れも見逃さないといった完璧すぎる洗顔をすると肌がカサカサになります。

肌の潤いが無くなるんですね…。

それまで潤いのあった肌が洗顔をしたらカサカサ肌に変わることがあります。

その原因は顔を洗いすぎたから。

洗顔料のせいではありません。

どんな洗顔せっけんを使っても自分自身が納得するまで洗い続けたらお肌が乾燥します。

かさかさを通り越してガサガサ肌になったこともあるんです。

完璧すぎる洗い上がりを求めた為です。

なので洗顔のしすぎには気を配っていますよ。

顔を洗う時は顔についた汚れが取れたと思ったらやめること。

もっとガンガン洗ってしまうと絶対にカサカサ肌になりますから…。

関連サイト:美肌キープサーチ
URL:https://www.labyring.com/

 

お風呂上りにはマッサージをするように体中に保湿クリーム

肌が乾燥するあたしは、毎日お風呂から上ったら入念に保湿することを心がけています。

風呂から上がる時、バスタオルで軽く拭ったらお風呂場から出ずに体じゅうタップリと保湿ローションをつけています。

からだを潤す為に使っている化粧水はプチプラ化粧水です。

化粧水が肌に馴染んだら脱衣室に移って保湿クリームでそっとマッサージするように体中に塗ります。

お風呂から出たらすぐローション、保湿用ジェルを使うようになったら身体の乾燥の悩みから解放されました。

若い頃は、暑い夏の時期はからだがベタッとするのがイヤでからだの保湿ケアを怠けてばかりいました。

でも、年を重ねる毎にカサカサするようになりました。

この頃は「夏だからこそ保湿!」を心に留めています。

とりわけ乾燥する冬のみ念入りに保湿するのではなく、年がら年中保湿ケアをしたらもちっとした肌になりました。

肌の潤いが無くなると、シワやシミなど老化の原因になります。

顔のみじゃなく体中を保湿して、いつまでもピチピチの肌でいたいです。

チープな化粧水でも毎日浴びるようにつけて確実に保湿することで、乾燥に悩まされることがありません!

 

髪のお手入れはお肌をお手入れするよりも気を使う

美容に関して気を付けていることは髪のお手入れです。

髪をケアするのは毎日の事だし、その上1日に何度も手入れするので、毎回慎重に髪の毛が傷つかないように手入れしています。

髪の毛の場合お肌と異なり、悪くなってしまった部分を自力で治したりするような事は出来ません。

お肌は傷ついてしまった場合でも肌のチカラだけで修復する事が出来るのですが、髪はそんなことはできないのです。

その為髪はお肌をお手入れするよりも気を使っています。

わたしの場合は髪を適度に洗うようにしていますが、毎日洗髪する必要がないという事を知ってから髪の状態を見てどうするかを決めています。

頭の汚れを感じた時だけ優しくシャンプーするようにしています。

髪の毛が擦りあわないように洗うので少し時間はかかりますが、質が良いシャンプーで洗うので泡でトリートメントもできるので一挙両得だと思います。

シャンプーは良質の物を使うと確実に髪の毛はきれいになると思います。

 

食物繊維が不足している食事だとあっという間に肌は荒れてしまう

美容関係で気を使っていることは、特にお野菜&快眠ですよね。

やはり野菜の摂取としっかりとした睡眠は、キレイなお肌をつくる上で欠かせないと言えるでしょう。

自分の意識としては、美容と言えばお肌のことみたいな方向性なので、矢張り皮ふを良好に維持する事は「美容」を考えたときには大事な事となります。

あと、美しい肌になる為には、どれ程値の張る基礎化粧品を使ってもそれ程報われないのです。

野菜中心の食事と良質な睡眠が抜け落ちているのなら。

どんだけ高価なクリームなどでお手入れしても、食物繊維が不足している食事だとあっという間に肌は荒れてしまうことに。

ほんの一日あぶら物を沢山食べちゃって、お野菜を口にすることが出来なかっただけで、次の日には「にきび」がぷっくらしていることもあります。

また、睡眠時間が不十分だと、乾燥肌になっているなんてこともしばしば。

寝ていないと本当にお肌の内面から潤いが失われていく気がします。

なので、やはり美容のためにはお野菜&快眠が切り離せないと痛感しています。

 

お日様が傾いて車の中に光が入ってくるようになったら運転しない

普段から日に焼けないように気を使っています。

特に車の運転をしているときは紫外線が当たってしまうので注意していますよ。

自宅の中ではそれほど気を使っていないのですが気を使わなくていいのはカーテンが遮光だからです。

紫外線の害が言われるようになり家中のカーテンは遮光に変えたのです。

ですので自宅にいる時だけは紫外線のことを忘れられます。

窓の側にいても大丈夫です。

日が当たるところが好きなので窓際で手芸とか本を読んだりするのですがレースカーテンも遮光性の高い物ですので日に焼けたりしないのです。

遮光カーテンって素晴らしいですね。

以前はただのレースカーテンでしたから家の中で窓の側にいるとすぐ日に焼けていました。

車に乗っていると紫外線を阻む事はできません。

特に顔ですね・・・。

そのためお日様が傾いて車の中に光が入ってくるようになったら車は運転しません。

自分で運転するのは日が高く日光が当たらないうちにしているのです。

他にも紫外線防止用の手袋着用です。